老年歯科医学用語辞典 追加用語

更新

EAT-10(イートテン)

問診票を用いて嚥下の機能を簡単に評価するためのツールの一つ。飲み込みの問題により体重減少や外出が妨げられるか,飲み込みが苦痛か,さらには液体や固形物,錠剤を飲み込むときに努力が必要かなどを4段階で10項目で評価する。最低点は40点であり,誤嚥の検出をする場合は合計点15点以上を用いるとよいとされる。嚥下の効率や安全性に問題があるかを測るもので妥当性と信頼性は検証されているが,飲み込むことに対してどのような問題を抱えているかという設問が多いために,現在経口摂取をしていない対象への質問には向かない。
(戸原 玄)

医療費適正化計画(medical care expenditure regulation plan)

国民の高齢期における適切な医療の確保を図る観点から、包括的に医療構造改革を進めるための計画。根拠法は「高齢者の医療の確保に関する法律」であり、2008年度より開始されている。医療費だけに特化した計画ではなく、既存の3計画(医療計画、健康増進計画、介護保険事業支援計画)の改正・追加を含めて、これまで第一期・第二期医療費適正化計画が実施されてきた。2018年度からは第三期医療費適正化計画が開始され、病床機能の分化および連携の推進の成果を踏まえた入院医療費の推計式の設定、外来医療費の推計式の設定、現在の行動目標(特定健診・特定保健指導の実施率、平均在院日数等)などについて医療費適正化効果の観点から見直しが図られる。

MNA,MNA-SF(エムエヌエー)(エムエヌエー - エスエフ)
(mini nutritional assessment,mini nutritional assessment-short form)

65歳以上の高齢者の栄養状態を簡単に評価するためのツールの一つ。基本的には問診にて過去3カ月間の食事摂取の減少,体重減少,および自力で歩けるかなどを評価するが,BMIもしくはふくらはぎの周囲長の実測値を評価項目の一つとして用いる。前者は18項目で合計30点,後者は6項目で合計14点で評価する。前者の場合24~30点は栄養状態良好,17~23点は低栄養の恐れあり,16点以下は低栄養,後者では12~14点は栄養状態良好,8~11点は低栄養の恐れあり,7点以下は低栄養と判定する。栄養状態の判定目的に用いるものであり,嚥下機能の状態の把握などに用いるものではない。
(戸原 玄)

OHAT(オーハット)(oral health assessment tool)

口腔内の問題を,8項目(口唇,舌,歯肉・粘膜,唾液,残存歯,義歯,口腔清掃,歯痛)に分け,健全から不良までの3段階で評価する口腔スクリーニングツールである。自分で口腔内の問題を表出できない要介護高齢者の口腔問題を発見するために,Chalmersらによって開発された。粘膜の衛生状態や口腔乾燥だけでなく,義歯の不適合,破折やう蝕や残根なども評価されるのが特徴である。いずれかのOHATスコアが2点以上だと歯科依頼を検討とされている。パブリックユースであり,OHAT日本語版とその解説資料は,藤田保健衛生大学医学部歯科教室のウェブページからダウンロード可能である
http://dentistryfujita-hu.jp/index.html 2018/3/14現在)。
(松尾浩一郎)

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(dental clinic with enhanced dental care by family dentist)

地域包括ケアシステムにおける地域完結型医療を推進していくため,厚生労働大臣が定めた施設基準に合致し地方厚生局などに届け出た歯科診療所のこと。う蝕や歯周病の重症化予防,そして摂食機能障害や歯科疾患に対する包括的で継続的な管理を行うことにより,新たな点数や加算が得られる。必要な施設基準は,以下の11項目である(平成28年3月4日 保医発0304第2号より)。
  1. 過去1年間に歯科訪問診療1又は2,歯周病安定期治療及びクラウン・ブリッジ維持管理料を算定している実績があること。
  2. 次に掲げる研修をいずれも修了した歯科医師が1名以上配置されていること。
    ア 偶発症に対する緊急時の対応,医療事故及び感染症対策等の医療安全対策に係る研修
    イ 高齢者の心身の特性,口腔機能の管理及び緊急時対応等に係る研修
    なお,これらの研修については,同一の歯科医師が研修を修了していることでも差し支えない。また,既に受講した研修が要件の一部を満たしている場合には,不足する要件を補足する研修を受講することでも差し支えない。
  3. 歯科医師が複数名配置されていること又は歯科医師及び歯科衛生士がそれぞれ1名以上配置されていること。
  4. 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう,別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
  5. 当該診療所において,迅速に歯科訪問診療が可能な歯科医師をあらかじめ指定するとともに,当該担当医名,当該担当医の連絡先電話番号,診療可能日,緊急時の注意事項等について,事前に患者又は家族に対して説明の上,文書により提供していること。
  6. 当該地域において,在宅医療を担う保険医療機関と連携を図り,必要に応じて,情報提供できる体制を確保していること。
  7. 当該地域において,他の保健医療サービス及び福祉サービスの連携調整を担当する者と連携していること。
  8. 口腔内で使用する歯科医療機器等について,患者ごとの交換や,専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
  9. 感染症患者に対する歯科診療について,ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
  10. 歯科用吸引装置等により,歯科ユニット毎に歯の切削や義歯の調整,歯冠補綴物の調整時等に飛散する細かな物質を吸引できる環境を確保していること。
  11. 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。
    ア 自動体外式除細動器(AED)
    イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
    ウ 酸素供給装置
    エ 血圧計
    オ 救急蘇生セット
    カ 歯科用吸引装置
(羽村 章)

緩和ケアチーム(palliative care team)

緩和ケアチームとは,学会や診療報酬制度,各種研究などによってそれぞれ定義が異なるが,回復することができない疾病により人生の最終段階を迎える患者に対し,医師・歯科医師・薬剤師・看護師・介護福祉士・歯科衛生士・臨床心理士など患者にかかわるすべての職種がチームで緩和医療を提供する体制をいう。緩和医療はわが国の診療報酬制度上,悪性腫瘍および後天性免疫不全症候群の患者に対して行われることとされているため,対象患者が絞られて定義されている場合があるが,WHO(世界保健機関)の定義では「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して,痛みやその他の身体的問題,心理社会的問題,スピリチュアルな問題を早期に発見し,的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって,苦しみを予防し,和らげることで,クオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである」とされ,対象患者を幅広く含めている。

口腔機能低下症(oral hypofunction,deterioration of oral function)

口腔機能の低下の一段階を示す用語であり,老年期において,「健康」から「オーラルフレイル」「口腔機能低下症」の途中段階を経て,「口腔機能障害」の順に機能低下が進行する。健康な状態に関してはポピュレーションアプローチで対応し,オーラルフレイルに対しては,地域保健事業や介護予防事業による対応が行われる。口腔機能低下症に対しては,一般の歯科診療所での対応,口腔機能障害に対しては,スキルを有する専門医療職による対応が必要である。
口腔機能低下症を構成する症状と検査法は,以下の7つである。
  1. 口腔不潔:舌表面の微生物数の計測(細菌カウンタ),または舌苔付着程度(TCI)の評価
  2. 口腔乾燥:舌粘膜湿潤度測定(口腔水分計),または刺激時唾液量測定(サクソンテスト)
  3. 咬合力低下:咬合力測定(感圧シート),または残存歯数
  4. 舌口唇運動機能低下:舌運動速度・巧緻性の計測(オーラルディアドコキネシス)
  5. 低舌圧:舌圧検査(舌圧測定器),または舌トレーニング用具による判定
  6. 咀嚼機能低下:咀嚼機能検査(グミゼリーのグルコース濃度測定),またはグミゼリー粉砕度評価
  7. 嚥下機能低下:嚥下スクリーニング質問紙(EAT-10),または自記式質問票
上記7項目のうち,3項目以上が該当すると口腔機能低下症と診断する。診断基準の確立や治療ガイドラインなどの整備が待たれる。

呼吸サポートチーム(respiratory support team:RST)

呼吸療法が安全かつ効果的に遂行されるようにサポートする,多職種により構成されるチームである。主に病院に入院している人工呼吸器管理下の患者に対応するチームであるが,その他の呼吸療法を受けている患者にもかかわることがある。
具体的な業務としては,病棟看護師などへの適切な呼吸管理についてのアドバイス,人工呼吸器からの早期離脱の援助,質の高い呼吸ケアの提供を担い,そのために適宜カンファレンスや回診,勉強会・講習会を行うことが多い。医師,看護師,理学療法士,臨床工学技士がチームの主な構成職種であり,おのおのが専門的知識を持ち寄って呼吸器疾患患者にチーム医療を提供する。質の高い呼吸ケアの一環として適切な口腔管理を担うべく,歯科医師や歯科衛生士が加わることが望ましいとされている。医科診療報酬の算定も可能である。
(大野友久)

地域ケア会議(community care conference)

地域包括ケアシステムの実現のために,高齢者個人に対する支援の充実と,それを支える社会基盤の整備を同時に推進するための手法として位置付けられている。地域包括支援センターで実施される圏域ごとの個別ケースのケアマネジメント支援のための実務者による地域ケア個別会議と,関係諸機関の代表者を包含する地域ケア推進会議がある。地域ケア会議では,多職種の協働による困難事例などの支援を図り,地域支援ネットワークの構築,高齢者の自立支援に資するケアマネジメント支援,地域課題の把握などを行うため,歯科医師,歯科衛生士のさらなる参画が期待されている。
(三浦宏子)

データヘルス計画(data health plan)

レセプト・健診情報などのデータ分析に基づき、保健事業をPDCAサイクルで効果的・効率的に実施するための事業計画のこと。高齢化や生活習慣病の増加に伴う医療費の増加を抑制するために、各保険者にて特定健診やレセプトなどの情報を活用することにより、実施する保健事業をより費用対効果の高いものとし、最終的には健康寿命の延伸を図ることを目指す施策である。すべての健康保険組合は平成26年度に計画を策定・公表のうえ、平成27年度からデータヘルス計画を実施しており、医療ビッグデータ分析を保健活動に活用する取り組みがなされている。

FOIS(フォイス)(functional oral intake scale)

現在栄養摂取をどのように行っているかを評価する尺度である。7段階に分類され,全く経口摂取がない場合からお楽しみ程度に食べている場合,経管栄養と経口摂取の併用,さらにはすべて経口摂取であっても物性に制限がある場合や,物性ではなく特別な準備などが必要な場合など,具体的な場合分けがなされている。妥当性と信頼性は検証されている。嚥下障害の程度を表すものではなく,栄養摂取方法を指しているものであることに注意する。
(戸原 玄)

ミールラウンド(meal round)

医師,歯科医師,管理栄養士,看護師,歯科衛生士,介護支援専門員その他の職種の者が,認知機能や摂食嚥下機能の低下を伴う施設入所者に対し,机や椅子の高さなどの食事の環境,食事の姿勢,食事のペースや一口量,食物の認知機能,食具の種類や使用方法,食事介助の方法,食事摂取量,食の嗜好を観察し,カンファレンスなどを行い入所者ごとに経口摂取の維持支援の充実を図ること。「多職種による食事の観察評価」ともいう。
平成27年度の介護報酬改定では,経口維持加算の要件を変更して経口摂取の維持支援を充実させる観点より,多職種によるミールラウンドやカンファレンスなどの取り組みのプロセス,および咀嚼能力などの口腔機能を踏まえた経口維持のための支援を評価するようになった。

このページのトップへ

2018年度第4回理事会議事録