研究助成制度

一般社団法人日本老年歯科医学会 老年歯科医学研究助成

2019年度 募集要項(2018年申請)

日本老年歯科医学会では、老年歯科医学における基礎、臨床、疫学研究において、新知見の得られる可能性を持つ革新的な研究プロジェクトの発展 促進を図ることを目的として、下記の要領で研究を募集し、採択研究を 助成いたします。奮ってのご応募をお待ちしております。

  1. 募集分野

    老年歯科医学に関する『基礎研究』、『臨床研究』または『疫学研究』

  2. 応募条件:下記の要件をすべて満たすこと

    1)代表研究者
    ① 申請時に2年以上の会員歴を有する本会正会員である者
    ② 申請年度までの会費を完納している者
    ③ 申請時に学位取得後15年以内の者
    ⑤ 第30回学術大会時(2019年6月7日定時社員総会時)の助成金授与式に出席できる者
    ⑥ 申請前2年以内に倫理講習を受講している者

    2)研究
    日本国内での研究

    3)その他
    ① 申請する研究分野の専門家1名(原則として日本老年歯科医学会会員)の推薦がある。
    ② 1つの所属(大学の講座、病院の診療科、研究施設の研究室など)あたり1件の申請とする。
    ③ 共同研究者は本会正会員である。
    ④ 研究計画の遂行が可能である。
    ⑤ 申請時点で、申請研究に係る他の外部資金等を獲得していないこと。

  3. 研究期間:助成金授与式~2021年5月末日
  4. 助成額および使途:

    1)採択年度において、総額100万円を上限に本会より助成
    1件毎の助成額は申請書をもとに本会で決定する。

    2)使途は、本会 研究助成事業 対象経費および支出内訳基準規則に従う。

  5. 採択件数:年度2件以内
  6. 研究計画策定にあたっての留意点
    研究対象者に対する人権擁護上の問題、研究方法による研究対象者に対する不利益、危険性の排除や説明と理解(インフォームドコンセント)に関わる状況など、 当該研究を行った際の倫理面の問題に十分ご留意ください(当該研究を行った際に実施した倫理面への配慮について、申請書類に具体的に記入してください)。また倫理委員会により承認を得ている研究もしくは今後倫理委員会の承認を得る予定の研究はその旨を申請書に記載してください。
  7. 研究成果等の報告義務:
    代表研究者は、研究成果の報告について下記のすべてを履行する。詳細は、採択者に通知します。

    1)研究成果を、日本老年歯科医学会第32回学術大会(2021年度開催)で発表(一般演題)する。

    2)2021年12月末までに、研究成果を『Gerodontology』または『老年歯科医学』に、原著として投稿する(査読を受けることについては一般の投稿論文と同じです。発表時の共著者は全員、日本老年歯科医学会の会員であることを原則とします)。

    3)研究成果に関する論文掲載や学会発表等をする際は、本会からの研究助成によることを明記、明言する。

    4)2021年7月末日までに、助成金に関わる収支報告書を本会に提出する。

  8. 応募締切:2019年2月28日(消印または発送記録有効)
  9. 応募要領:
    申請書および提出資料を学会事務局まで提出すること。
  10. 提出方法

    下記の日本老年歯科医学会事務局に送付する。なお、申請書類は一切返却いたしません。

  11. 学会事務局(提出先・お問い合わせ)
    〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル 3階
    TEL:03-3947-8891 Eメール:gakkai30@kokuhoken.or.jp
  12. 審査と結果通知:理事会承認後に本人に書面で通知する。
  13. 注意事項
    上記「7. 研究成果等の報告義務」を順守できなかった場合、原則として 当該の代表研究者の所属(大学の講座、病院の診療科、研究施設の研究室など)からの応募は3年間(2022、2023、2024年度申請分)採択いたしません。また、助成金の返金を求める場合もあります。